• 太陽光発電とは

  • 太陽光発電とは、光電池が太陽の光を受けることによって、光を即時に電力に変換する発電システムのことです。ソーラー発電とも呼ばれます。 最近ではよく見かけるようになった光景ですが、一戸建ての家の屋根の上やビルの屋上などに四角いパネルが何枚か並べて載せられているのが、それです。 あの四角いパネルが光電池またはソーラー電池と呼ばれるものです。 あのパネルに太陽の光があたることによって太陽の光が即時に電気に変わるのですから、画期的な発電システムだと私は思います。 誰でもどこでも電力を発電することができるのです。 どこでもといってもまったく光のささない場所では無理だろうと思いますが。 光電池もメーカーによってかなり優劣の差がありますので、あまり優秀ではない光電池だと発電量ゼロということもありうるでしょう。

    発電するという行為は太陽光の他にはどんなものがあるでしょうか? 発電とはすなわち電力以外のエネルギーを電力に変換することです。 火力発電、原子力発電、水力発電、地熱発電、風力発電、バイオマス発電、波力発電、海流発電など、ざっと数えただけで14種類ほどがあります。 このなかで自然からのエネルギーを利用するもので私たちの身近なものといえば、やはり風力発電と太陽光発電になるでしょう。 このふたつはいずれも一般家庭でも設置することができますし、実際に設置している家を見かけます。

    昨年の東日本大震災で原子力発電の是非が問われて以来、電気をどのようにして供給するかについては国民レベルでの深刻な課題となっています。 太陽と風は幸い日本のほとんどの場所で手に入れることができる自然の恵みです。これを利用しないで放っておく手はありません。 電気を自給自足できるならこれ以上の幸いはありません。 では太陽光発電とは具体的にどのようなものなのかお話ししてみましょう。

    <注目サイト情報>
    ・車を売ろうとしている方、複数業者に一括で査定依頼が出来るサービスをご紹介します!
    車買取一括査定サイト